人気ブログランキング | 話題のタグを見る

睡眠不足について   

こんな 夜中?!朝方に失礼します。

寝れないので ブログで つぶやかせて頂きました。

安眠する為の方法がたくさんあるようなので ご参考にしてみてください。


寝る方法1. 寝室を真っ暗にしない
真っ暗だと不安感を覚え、緊張して眠れません。

枕の横にランプなど置いてぼんやりさせると眠気を誘います。



逆に明るすぎると脳が昼間と勘違いして、睡眠中半覚醒状態になってしまい眠りが浅くなってしまいます。

※※※ 残念ながらわたしは真っ暗ではないと寝れません。
寝る方法2. お風呂に入ったら、すぐに寝る。入浴後10分~15分位で体温が下がり始めます。その時に1番眠りやすい瞬間がきます。



※熱いお風呂に入った後は、1時間~2時間位たってから、布団に入る。



お風呂以外でも寝る前に体を1度暖めるといいようです。寝る前に温めた牛乳を飲むのもおすすめです。


※※※ 髪の毛などを乾かして寝るとすぐには寝れません。
寝る方法3. 好きな香りのものを寝室に置く
ラベンダーなどの気分を落ち着かせる芳香剤(アロマオイルなど)を置くことで心をリラックスさせ



すみやかな睡眠状態に入れます。



※香りがきつすぎると、逆効果です。神経が高ぶり眠りにくくなります。

※※※ アロマもお香もにが手です。寝る方法4. 宝くじが当たった時のことを想像する。心配ごとや不安があると神経が高ぶって眠りにくくなってしまいます。

そんな時は、わがままに「こうなったらいいな」ということを想像してみてください。

たとえば、宝くじが当たった時のことを想像してみてください。

そして「何に使おうかなあ」なんて考えていると

結構簡単にリラックス状態になれたりします。



アルファ波が出てきて深い眠りを体感しやすくなります。

※※※ 興奮して寝れません。
寝る方法5. 2.3分お手玉をする
お手玉でなくてもよいですが、単純に一点に集中することで、前頭部よりアルファー波が出現してきます。



それにより、不安感、いらいらが減少、眠りやすくなります。



寝る方法6. 呼吸法でリラックスする気功やヨガで用いる呼吸法です。睡眠に適した状態は心配や緊張のない「無」の状態になること。



軽く目を閉じて右前方を見つめます。口を閉じて鼻で6秒間ゆっくりと吸います。



この時吸った空気がへその下5cmのあたりに溜まるイメージをします。

そして溜まった空気をまた鼻から12秒かけてゆっくりと吐き出します。

その繰り返し。アルファー波が出現し、心身ともにリラックスした状態になります。

寝る方法7. 安眠に効果のある食べ物(飲み物)を摂るストレスや血行不良も熟睡の妨げになります。安眠効果のある食べ物を摂取することで、眠りやすい状態にしてくれます。

 ※※※ ホットミルクは本当にいいのでしょうか? 直ぐお腹に来ますが・・・ 

などがあるようです。

わたしは そうしているうちに眠たくなってきましたので お休みします。

おやすみなさい(- -)zzzzzz

by sasuke_jikenbo | 2012-02-24 05:41 | 日記

<< 秋田・八幡平のクマ牧場2人死亡事故 誕生日!!! >>